ジヒドロテストステロンが多い体質とは?

ジヒドロテストステロンの量は5αリダクターゼ活性化量

こんにちは、マサトです。

 

 

僕の運営するこのホームページに「ジヒドロテストステロンが多い体質とは」という検索フレーズで来られたかたがいらっしゃいます。

 

 

今日はこのことに少し触れてみます。

 

 

抜け毛

 

 

「ジヒドロテストステロンDHT」は、どうしてもテストステロン量に置き換えてしまいがちです。

 

 

DHTのベースになっているのがテストステロンなんですから、そう思うのは仕方がないことだと思います。

 

 

でも、ジヒドロテストステロンの量というのは、テストステロン量では決まりません。

 

 

5αリダクターゼ還元酵素が活性化するかどうか、というところにあります。

 

 

5αリダクターゼの活性化はハゲない人も異常皮脂量となる

 

5αリダクターゼ還元酵素量は遺伝するものなので、もともと多い人もともと少ない人がいます。

 

 

多い人でも、遺伝子的にジヒドロテストステロンDHTへの反応が鈍い人。

 

 

「アンドロゲン受容体」の感度が鈍ければ目立ってハゲになることはありません。

 

 

5αリダクターゼが一度活性を始めると、ジヒドロテストステロンDHTはまず増えます。

 

 

5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変容させるわけですけど、テストステロン量というのは男性には必ず十分な量はあるものだからです。

 

 

だから男性なのですからね。

 

 

「アンドロゲン受容体」の感度が鈍くても、頭皮の皮脂が異常に多い状態にはなりますので、頭皮ケアを欠かさないと、ハゲにはなりませんが毛根は弱ります。

 

 

ですから、余分な皮脂をしっかり洗い流しながらも、頭皮を傷めない、頭皮ケア型のシャンプーはまず必要になってきます。

 

 

ですから、育毛剤まで必要ない、という人でも、頭皮ケアシャンプーでないと頭皮が弱って、困ったことになるという人は少なくなりませんね。

 

 

5αリダクターゼはなぜ活性化してしまうのか

 

この5αリダクターゼがなぜ活性化してしまうのかというのはよくわかってはいないのですが、女性が急に頭皮がべたついて、抜け毛が増え始める人がいるということから推測できると思います。

 

 

ホルモンの代わり目の「産後抜け毛」とは違いますよ。

 

 

女性がジヒドロテストステロンの影響を受けやすくなるのは

 

 

  • 「食生活が変わって、肉類や油脂類の摂取が多くなる
  •  

  • ストレスなどでホルモンバランスがくずれ、女性ホルモンの分泌量が一時的に衰えるなど、健康悪化する」

 

 

このようなときですね。

 

 

「食生活が変わって、肉類や油脂類の摂取が多くなる」

 

 

これは男性も同じですね。

 

 

新陳代謝が激しい若いころには、いくら肉類や油脂類を摂っても大丈夫だったりします。

 

 

でも、20代後半、30代になって、肉類や油脂類の多い食事が続いたことがきっかけで、男性型脱毛症が始まることがあります。

 

 

また、このような食事を好む人で、一時的に健康上状態が損なわれると、男性型脱毛症が始まることがあります。

 

 

高校生で毛が抜け始めるような人は、不規則な食生活と、最も体ができてくる時期なのに、運動不足だったり、睡眠不足だったりという生活になっている人が多いものです。

 

 

昔は高校生くらいでは、勉強が忙しくて…くらいだったのですが、今はスマホ、ゲーム、アニメといったものが忙しく、高校生で男性型脱毛症を発症するという人は増えてきているように思います。

 

 

つまり、男性型脱毛症を発症、5αリダクターゼの活性化は食生活の乱れや、生活の乱れによる健康悪化が引き金になりやすいということだと思います。

 

 

健康に気をつけて生活していてもいつかは発症する

 

ですが、いくら健康に気をつけて生活していても、身内にハゲた人がいるなら、男性型脱毛症はいずれは始まってしまうと思います。

 

 

それは長く生活する中では、体調が一時的に不調になるなんて、普通にあることですし、年を取るに従い、代謝力も体力も衰えるんですから、健康を損なう確率はどんどん上がっていくわけです。

 

 

いつまでも、5αリダクターゼに対抗できる体質を維持できるはずがないのです。

 

 

5αリダクターゼはどこかで必ず活性化しますし、身内にハゲの人がいれば、必ずジヒドロテストステロンの感受性は高いです。

 

 

どこを抑えるかというと、男性である限りテストステロンは抑えるのは無理なので、5αリダクターゼの活性を抑えるしかありません

 

 

まとめです。

 

まとめます。

 

 

  • ジヒドロテストステロンが多い体質は、5αリダクターゼ還元酵素が多い体質のことです。
  •  

  • 5αリダクターゼ還元酵素の量は遺伝のため、減らしようがありません。
  •  

  • 年を摂れば、ジヒドロテストステロンへの感受は必ず始まります。よって、5αリダクターゼの活性を抑えるしか男性型脱毛症に対抗する策はありません

 

 

本当にジヒドロテストステロンの影響が出始めて、抜け毛が始まってきたかな、と思ったら5αリダクターゼ阻害成分の入った育毛剤を試しましょう。

 

 

たとえ育毛医薬品であるフィナステリド入りの「プロペシア」やプロペシアジェネリックを始めたとしても、ずっと付き合っていかなくてはなりません。

 

 

医薬品投与をやめたら、再び5αリダクターゼの影響は強まります。

 

 

僕がお勧めするのは抗酸化成分のイソフラボンの作用により、ノコギリヤシ以上ともいえるかなり強力なビオカニンA(アカツメクサ)を使った人工成分である「キャピキシル」の入った育毛化粧品です。

 

 

「キャピキシル」は薬用成分としての認可はされていないですが、医薬品でも医薬部外品でもないので、副作用のようなものの可能性は低いです。

 

 

心配な人は「キャピキシル」は入るけども、それ以外は薬用育毛剤でマイルドな使い心地の

 

 

「ザ・スカルプ5.0c」

 

 

を使ってみるとよいでしょう。

 

 

長期のお試し期間がありますから、まずは1週間つけて頭皮に合うかどうか確認し、問題ないようなら1か月くらいは続けてみて、抜け毛の様子などを観察してみてください。

 

 

男性用の育毛化粧品、育毛剤は5αリダクターゼの活性を抑えることを最大の目的としています。育毛剤ランキングページ。

※当サイトの掲載製品ランキング一覧のページへは下のバナー、リンクからアクセスしてください。

↓↓育毛化粧品一覧へ↓↓

育毛化粧品ランキングへ


↓↓育毛剤ランキングへ↓↓

育毛剤ランキング



トップページへ


 

トップへ戻る